住宅

デザイン制の高い注文住宅|暮らしの質が上がる住居

新しく住宅を購入する

室内

一戸建て住宅を購入する時には、新築住宅での購入か中古物件であるかが選択肢としてある。中古住宅では、誰かが住んでいた物件である為、同じ間取りの物件であっても価格が安くなる。また、人が住んでいた実績がある物件でもあるため、安心感を得られるということがある。新築住宅は中古物件に比べると価格は高くなるが、新しい家である為、気持ちよく生活を始められるということがある。また、設備なども最新設備である場合が多いため、長く住む上でも新築住宅は向いている。新築住宅とするか中古住宅とするかは、予算の関係で選択を迷うケースがある。特に、都市部など土地の値段などが高い地域においては、中古物件の人気も比較的高くなっている。

都市部においては、中古物件の人気が高いが、郊外や地方においては新築物件を選択することが多い。岐阜も、新築物件での購入が多くなる地域の1つである。岐阜県は、岐阜市などの中心部を除き、その多くが山間部になる場所である。岐阜市など、岐阜県の南部では名古屋に近いこともあり、名古屋市のベッドタウンとして住宅地が形成されている場所もある。一方の北部では、山間に囲まれた地域である。岐阜において新築住宅を建設する場合、より土地の安さや同じ値段でも広さを求める場合には中部から北部を選ぶことが良い。一方、仕事で名古屋へ出るなど、交通の利便性を重視する場合や、近隣施設の充実を重視するケースにおいては、南部の土地を選ぶことが最適である。